2017.05.30

【こだわりの小麦粉】バームクーヘン

  • LINEで送る

製品特徴

バームクーヘンはドイツ語で木の年輪という意味のお菓子です。心棒に焼き付ける製法ではなく、天板で焼成したあと、重ねて層を作る製法をご紹介します。

配合

製品写真

【電子レンジ天板2枚分
(天板サイズ32㎝×30.5㎝)】

<バームクーヘン>
こだわりの小麦粉・・・・・・ 125g
バター・・・・・・・・・・・ 225g
グラニュー糖・・・・・・・・ 200g 塩・・・・・・・・・・・・・ 1.5g
バニラオイル・・・・・・・・ 1.5g卵・・・・・・・・・・・・・ 300g(M6)牛乳・・・・・・・・・・・・・25g
コーンスターチ・・・・・・・・75g
アーモンドプードル・・・・・・50g
ベーキングパウダー・・・・・ 2.5g

<バタークリーム>
バター・・・・・・・・・・・ 250g
粉糖・・・・・・・・・・・・・50g塩・・・・・・・・・・・・・・ 5g
ラム酒・・・・・・・・・・・・ 5g

<フォンダン>
粉糖・・・・・・・・・・・・ 100g
水飴・・・・・・・・・・・・・20g水・・・・・・・・・・・・・・20g

作り方

【事前準備】

  • バターと卵は室温に戻しておきます。
  • バタークリームは、バターをクリーム状にし、粉糖、塩、ラム酒を加え、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜます。
  • フォンダンは、すべての材料を一緒にして、なめらかになるまで撹拌します。
  1. 室温にもどしたバターとグラニュー糖、塩、バニラオイルをハンドミキサーで撹拌します。
写真1
  1. ポマード状になったら、卵を3回分け入れ、ハンドミキサーで再び撹拌します。
  2. 牛乳を入れ、しっかりと撹拌します。
写真2
  1. こだわりの小麦粉、コーンスターチ、アーモンドプードル、ベーキングパウダーを一緒にしてふるい、3.に入れゴムベラなどでしっかりと混ぜ合わせます。
写真3
  1. 紙を敷いた天板2枚にそれぞれ約450g入れ、表面を平らにならします。
  2. 180℃に予熱したオーブンに入れて約15分焼成します。
写真4
  1. 焼きあがったものが冷めたら、1枚を3等分に切り分け、計6枚作ります。
写真5
写真6
  1. 焼き目のついた上部にバタークリームを塗り、重ね合わせます。
  2. 最上段はフォンダンを塗って仕上げます。
写真7
写真8
  1. 食べやすいサイズに切り分けて、お召し上がりください。
製品写真

2016.12.07

【NEW!】ドイツのクリスマス伝統菓子「シュトレン」

  • LINEで送る

製品特長

ドイツでは、シュトレンはクリスマスに欠かせない発酵菓子のひとつで、洋酒に漬けたドライフルーツとレーズンをたっぷり練りこみ、スパイスの香りが効いた上品な甘みに仕上がります。
弊社の強力小麦粉「北野坂」をシュトレンにご使用いただくと、しっとりと口溶けよくやさしい味わいとなります。

配合

製品写真

[2個分]
北野坂(強力小麦粉)         200g
インスタントイースト               3g
砂糖                                 30g
塩                                      3g
マーガリン                          60g
卵                                     25g(M玉1/2個)
水                                   100g
シナモン                              2g
ナツメグ                            0.6g
レーズン★                         80g
ドライフルーツ★                  60g
くるみ★                             40g
アーモンド★                       40g
洋酒(ラム)(漬けこみ用)★  適量

【仕上げ用】
溶かしバター(マーガリン可)  40g
グラニュー糖                      適量
粉糖                                 適量


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・レーズンとドライフルーツを洋酒(ラム)に漬けこみます。
・くるみとアーモンドは粗めに刻んで軽くローストしておきます。

  1. ホームベーカリーの「生地づくりコース」にセットして、★以外の全ての材料を入れて生地を作ります。(※「生地づくりコース」は、ホームベーカリーのメーカー、機種によって呼び方や機能が異なりますので、ご使用前にお手持ちのホームベーカリーの取扱説明書でご確認ください。
  2. 生地が出来上がりましたら、★の材料を生地に粗く混ぜ込み、約40分間発酵させます。(※お手持ちのホームベーカリーの具材投入機能をご確認ください。)
  3. 発酵した生地を2等分して丸め、10分間休ませます。(生地が乾燥しないようにラップなどで覆っておきましょう。)
写真1
  1. 休ませた生地を中央から麺棒をかけ、両端の生地を張らせるように延ばします。(※このとき両端まで麺棒はかけずに、生地に厚みを残しておいてください。)
写真2
  1. 生地の両端をずらして二つに折りたたみます。
写真3
  1. 生地の折り返し部分を麺棒でしっかりと押さえて生地をくっつけます。
写真4
  1. ベーキングシートを敷いた天板に並べて50分発酵させ(少しふくらむ程度)、180℃のオーブンで約20分焼成します。
  2. 焼き上がりましたら、すぐに刷毛で溶かしバターをまんべんなく裏側にも塗ります。
写真5
  1. さらにグラニュー糖をまぶします。
写真6
  1. 十分に熱が冷めたら、粉糖をまんべんなくふりかけます。
写真7

ポイント

・グラニュー糖や粉糖は、たっぷりとお使いください。
・当日よりも翌日のほうが、味や香りがなじんでしっとりし、より美味しくお召し上がりいただけます。
・7mm~10mmの厚みにスライスすると食べやすいです。

2016.10.20

秋の贅沢スイーツ第2弾‼スプーンで食べる本格「モンブラン」

  • LINEで送る

製品特長

栗の甘露煮を巻いたロールケーキをマロンクリームでモンブラン仕立てにした贅沢スイーツです。ご家庭で本格スイーツをお楽しみいただけます。
モンブランの土台にはタルトやカップケーキなどいろいろなバリエーションがありますが、今回はスプーンで食べやすいようにロールケーキでモンブランを作りました。

配合

製品写真

<ロールケーキ1本分(30cm)>
スポンジ生地(天板30cm×32cm)

【参考】
しっとり生地と濃厚クリームの「ビュッシュ・ド・ノエル」
スポンジ生地(クリスマス特集または特宝笠特集内に記載)

●ホイップクリーム
生クリーム                       150g
グラニュー糖                      15g
栗の甘露煮                       10粒

●マロンクリーム(モンブラン4個)
むき栗                             200g
グラニュー糖                       50g
生クリーム                        200g
飾り用の栗(渋皮付き栗)        4個

(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】

  • 栗を蒸し器で30分ほど蒸し、皮をむいておきます。
  • むき栗を裏ごしし、グラニュー糖、生クリームを合わせてフードプロセッサ等でなめらかにし、マロンクリームを作ります。
  • 生クリームとグラニュー糖を一緒にして泡立て、ホイップクリームを作ります。(ロールケーキの仕上げ用とは別に、モンブランの仕上げ用に少量取り分けておきます。)
  • 栗の甘露煮は、ロールケーキ用に粗いみじん切りにしておきます。
  1. ロールケーキのスポンジ生地を作ります。
    しっとり生地と濃厚クリームの「ビッシュドノエル」のスポンジ生地の作り方を参考。(クリスマス特集または特宝笠特集内に記載)
写真1
  1. 出来上がった生地の粗熱が取れたら、クッキングシートを剥がし、表面にホイップクリームを塗り、粗いみじん切りにした栗の甘露煮を散らし、巻き上げます。
写真2
  1. 冷蔵庫で少し休ませ、12等分にカットします。
写真3
  1. 仕上げにカットしたロールケーキをケーキトレイに載せ、ホイップクリームをロールケーキの中央に絞ります。
写真4
  1. その上にモンブラン用口金でマロンクリームを線を描くように絞り、ドーム状にし、飾り用の栗を飾ります。
写真5

ポイント

  • ロールケーキをカットするときは、ナイフをお湯で温めるときれいな断面になります。
  • マロンクリームを絞るときは、ケーキから離して高い位置から絞るときれいに線掛けできます。
  • モンブラン用の口金をお持ちでない場合は、100円ショップ等で販売されているマヨネーズなどの詰替えボトル等で代用できます。
写真6
写真7

2016.07.27

甘さすっきり!砂糖不使用の「ふわふわパンケーキ」

  • LINEで送る

製品特長

メレンゲを泡立てて作るパンケーキはふっくら厚みがあり、ふわふわの食感に仕上がります。砂糖不使用のヘルシー&シンプルな味わいはフルーツと相性が良く、夏休みの朝食やお子様のおやつにもぴったりです。

配合

製品写真

(直径10cm 3枚分)
卵黄                                    2個分
卵白                                    2個分
レモン汁                          2~3滴
ヨーグルト                         150g
宝笠ゴールド(薄力小麦粉)    40g
ベーキングパウダー               5g
お好みのフルーツ              適量
はちみつ                          適量
バター                              適量


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・卵白は冷蔵庫で冷やしておきます。
・宝笠ゴールドとベーキングパウダーは一緒にふるっておきます。

  1. 卵黄にヨーグルトを加えホイッパーでよく混ぜます。
写真1
  1. 一緒にふるった宝笠ゴールドとベーキングパウダーを加え、混ぜ合わせます。
  2. 別のボウルに卵白、レモン汁を入れ、ハンドミキサーで泡立ててしっかりとしたメレンゲを作ります。
写真2
  1. 2.に3.のメレンゲを加え、泡を壊さないように混ぜ合わせます。
写真3
  1. 160℃に予熱し、薄く油をひいたホットプレートの上にお玉1杯分の生地をおき、ふたをして焼きます。
写真4
  1. 生地の周囲が乾いてきたら、その上に少量生地を足す作業を2回繰り返します。(焼成目安15分)
  2. 生地の表面が乾いてきたら、裏返してもう片面を焼きます。
  3. ☆お好みのフルーツやはちみつ、バターと一緒にお召し上がりください。
写真5

ポイント

・レモン汁を卵白に加えることで、よりしっかりしたメレンゲを作ることができます。
・いろいろな種類のヨーグルトを使用してお楽しみいただけます。
・お好みで甘さを調整する場合は、卵白に砂糖(~20g)を加えてメレンゲをお作りください。

2016.06.15

紅茶のシフォンケーキ

  • LINEで送る

製品特長

ふわふわの食感と、紅茶の風味豊かな香りをお楽しみいただけます。
お飲み物と一緒に生クリームやフルーツを添えてお召し上がりください。
宝笠ゴールドをお使いいただくと、焼成後の保型性良く、しっかりとボリュームのあるシフォンケーキに仕上がるのが特長です。

配合

製品写真1

(直径17cmシフォンケーキ型1台分)

卵黄                                        3個分
グラニュー糖                            20g
牛乳でに出した紅茶                  60g
(アールグレイやアッサム)
サラダ油                                 35g

卵白                                        3個分
グラニュー糖                            45g

宝笠ゴールド(薄力小麦粉)         60g
ベーキングパウダー                     3g
紅茶葉(アールグレイやアッサム)   2g


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】

・紅茶は牛乳で煮出しておきます。(小鍋に紅茶葉5gと紅茶葉が浸る程度の少量の水を沸かし、沸騰したら火を止めて約3分蒸らします。そこへ牛乳100gを入れてひと煮立ちさせ、約3分蒸らし、茶こしでこしたものを使用します。)
・卵白は冷蔵庫で冷やしておきます。
・宝笠ゴールドとベーキングパウダーは一緒にふるっておきます。
・生地に混ぜ込む紅茶葉はコーヒーミルなどで粉末状にします。
(コーヒーミルがご家庭にない場合は包丁で細かく刻みます。)

  1. 卵黄にグラニュー糖を加え、マヨネーズ状になるまでハンドミキサーでしっかりと泡立てます。サラダ油を少しずつ加えながらホイッパーでよく混ぜ、さらに牛乳で煮出した紅茶を加えてしっかり混ぜます。
写真1
  1. 別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てます。
写真2
  1. グラニュー糖を2~3回に分けて加え、しっかりとしたメレンゲを作ります。
  2. 1.に3.のメレンゲの3分の1を入れ、混ぜ合わせます。
写真3
  1. 一緒にふるった宝笠ゴールドとベーキングパウダーを加え、しっかり混ぜ合わせます。残りのメレンゲ、粉末状の紅茶葉を加え、さっくり混ぜ合わせます。
写真4
  1. シフォンケーキ型に流し、180℃に予熱したオーブンで約25分焼きます。焼き上げた後、型を逆さにして粗熱をとり、十分に冷却した後、型から取り出します。
写真5

ポイント

・メレンゲを作る際は、最初に卵白のみを泡立て、ある程度泡立ててからグラニュー糖を2~3回に分けて加えていくと、しっかりとしたメレンゲを作ることができます。
・メレンゲができる目安は、ピンと角がたつくらいまでです。

2016.05.13

ココナッツオイルで☆ヘルシーバナナブレッド

  • LINEで送る

 製品特長

スーパーフードとして注目されているココナッツオイルは、健康や美容に効果的!
バターの代わりとして使用するだけの簡単バナナブレッドは、朝食にもぴったりです。

北海道産小麦100%の薄力小麦粉「宝笠ドゥノール」は、適度な弾力としっとり感、滑らかな口当たりが特長の小麦粉です。バナナブレッドにこの「宝笠ドゥノール」をご使用いただくと、しっとりもちもちとした食感に仕上がります。

配合

製品写真

(直径6cm×高さ5cm マフィンカップ6個分)

宝笠ドゥノール(薄力小麦粉)  150g
重曹                                       4g
三温糖                                  80g
ココナッツオイル                     80g
卵                                          1個
バナナ(2本)                         150g
牛乳                                      30g
アーモンドスライス                   15g
チョコレートチップ(生地用)        30g
チョコレートチップ(飾り用)         15g


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】

  • バナナがたっぷり入った生地ですので、しっかり膨らませるために重曹を使用しています。
    (ベーキングパウダーでも可)
  • 宝笠ドゥノール(薄力小麦粉)と重曹は一緒にふるっておきます。
  • ココナッツオイルは25℃以下では白く固まってしまいますので、温めて溶かしておきます。
  • アーモンドスライスは包丁で細かく刻みます。
  1. バナナ半分量と牛乳を、ミキサーでペースト状にし、残りの半分量をフォークで粗くつぶします。
写真1
  1. 卵と三温糖をホイッパーでよく混ぜ、ペースト状にしたバナナ半分量を加えて混ぜます。室温に戻しておいたココナッツオイルを少しずつ加えて滑らかになるまで混ぜます。
写真2
  1. ふるった宝笠ドゥノール(薄力小麦粉)と重曹を加え、粉っ気がなくなるまでゴムベラで混ぜ合わせます。
写真3
  1. 粗くつぶしたバナナ、刻んだアーモンドスライス、チョコレートチップ(生地用)を混ぜ合わせます。
  2. 4.をマフィンカップに90g絞り、生地の上にチョコレートチップ(飾り用)を散らします。
  3. 180℃に予熱したオーブンで約20分焼成します。
写真4

ポイント

バナナはよく熱して黒い斑点ができたもののほうが、甘みや香りが増してより一層美味しく焼き上がります。

2016.03.01

苺スイートロール

  • LINEで送る

製品特長 

苺を使った、まるでカップケーキのようなパンです。生地はしっとり、口溶け良くおやつにも最適です。
一年中食べられる苺ですが、春が旬です。美味しい苺を使ってパンを焼き、春を感じましょう!

配合

完成品

[マフィン型φ6.5cm×高さ5cm 6個分]
北野坂(強力小麦粉)  150g
インスタントイースト        5g
砂糖                           30g
塩                              1.5g
スキムミルク                  5g
マーガリン                    15g
卵                               50g
水                               30g

○フィリング・トッピング
イチゴジャム                 60g
カスタードクリーム        180g
イチゴ                          6粒

※カスタードクリームの配合と工程は「美味しいカスタードクリーム」参照


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

  1. ホームベーカリーの「生地づくりコース」にセットして、全ての材料を入れて生地を作ります。(※「生地づくりコース」は、ホームベーカリーのメーカー、機種によって呼び方や機能が異なりますので、ご使用前にお手持ちのホームベーカリーの取扱説明書でご確認ください。)
  2. 生地が捏ね上がったら、丸くまとめてマーガリン(分量外)を薄く塗ったボウルに入れ、およそ2倍の大きさになるまで発酵させます。
  3. 発酵させた生地を6等分し、丸めて約20分休ませます。(生地が乾燥しないようにラップなどで覆います。)
  4. 麺棒で生地を薄く、細長く延ばします。
写真1
  1. 延ばした生地にイチゴジャムを載せます。
写真2
  1. イチゴジャムをサンドするように2つに折りたたみます。
写真3
  1. 生地を巻きます。
写真4
  1. 重ね合わせたほうが上になるようにしてマフィンカップに入れます。
写真5
  1. カップの高さに膨らむまで約50分暖かいところで発酵させ、カスタードクリームを生地の中心に絞り入れます。
  2. 溶き卵(分量外)を生地の表面に塗り、170℃のオーブンで約15分焼成します。
写真6

【仕上げ】

  1. パンが冷めたらお好みでカスタードクリームやホイップクリームを上に絞り、1/2にカットしたイチゴをトッピングします。
  2. 粉糖を振りかけて完成です。

2016.01.29

フォンダンショコラ

  • LINEで送る

 製品特長

フォンダンショコラのとろける食感を、市販のチョコレートトリュフを使って簡単にお楽しみいただけるようにしました。

弊社の特宝笠(薄力小麦粉)をご使用いただくと、しっとり口どけ良く仕上がります。

配合

製品写真

(直径6cm×高さ5cm マフィンカップ4台分)

【チョコレート生地】
板チョコ                     70g
マーガリン                  70g
砂糖                          50g
塩                               1g
卵                               1個
特宝笠(薄力小麦粉)   35g
ココアパウダー              5g
チョコレートトリュフ         4個

(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・特宝笠(薄力小麦粉)と、ココアパウダーは一緒にしてふるっておきます。
・マーガリンは室温に戻しておきます。

【チョコレート生地】

  1. 板チョコを細かく刻み、耐熱ボウルに入れて電子レンジで約30秒間加熱し、溶かします。
  2. 室温に戻しておいたマーガリンと砂糖、塩を滑らかになるまですり混ぜます。
【写真1】
  1. 溶かした板チョコを2.に加え、均一になるまで混ぜ合わせます。
  2. 卵を数回に分けて加え、混ぜ合わせます。
【写真2】
  1. ふるった特宝笠とココアパウダーを加え、粉っ気がなくなるまで混ぜ合わせます。
【写真3】
  1. 5.をマフィンカップに40g絞ります。
  2. 6.にチョコレートトリュフを押し込みます。
【写真5】
  1. チョコレートトリュフを覆うように5.を30g絞ります。
  2. 180℃に予熱したオーブンで約15分焼成します。
  3. 粗熱が取れたら、マフィンカップからフォンダンショコラを取り外し、仕上げに粉糖をふりかけます。
  4. 温かいうちにお召し上がりください。プレゼントなどで、冷めてからお召し上がりになるときは、電子レンジで30秒程度温めなおすと、再びトロトロになります。
【写真6】

2016.01.08

雪だるま作ろう!「スノーマン・サブレ」

  • LINEで送る

製品特長

サクサクとした食感のココアサブレ生地に、ホワイトチョコレートをコーティングし、かわいい雪だるま型に仕上げました。

配合

製品写真1

[大(φ9cm+10cm丸型2セットと、小(φ5cm+6cm丸型1セットの計3セット分]

【サブレ生地】
無塩バター(マーガリン)   50g
サラダ油                       20g
はちみつ                       10g
グラニュー糖                  50g
卵黄                             10g
特宝笠(薄力小麦粉)     100g
ココアパウダー               15g

【仕上げ用】
ホワイトチョコレート       板チョコ2枚
チョコペン                   お好みの色をお使いください

(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・バターは室温に戻しておきます。
・特宝笠とココアパウダーは、一緒に篩っておきます。

  1. バターとサラダ油を、ホイッパーで均一になるまで混ぜ合わせます。
写真1
  1. 1.にはちみつとグラニュー糖を加え、少し白っぽくなるまですり混ぜます。
  2. 2.に卵黄を加え、しっかり混ぜ合わせます。
写真2
  1. 3.に篩った特宝笠(薄力小麦粉)とココアパウダーを加え、ヘラで粉っ気がなくなるまで混ぜ合わせます。
写真3
  1. ひとまとめにした生地をラップで包み、冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
  2. 冷蔵庫で生地を休ませたあと、打ち粉をふった台に生地を取り出し、めん棒で5mmの厚さに延ばします。
  3. 大きさの違う丸い抜き型で抜き、結合部をカード等で切り、天板に並べます。(あるいは雪だるま型にした型紙で抜きます)
  4. 残り生地で結合部をふさぎ、天板に並べ、170℃に予熱したオーブンで約15分焼きます。
写真4

【仕上げ】

  1. ホワイトチョコレートを細かく刻み、電子レンジにかけて溶かします。
  2. 水をはったボウルで、とろみが出るまで徐々に冷やします。(※溶かしたてのチョコレートを使用すると、コーティングが薄くなります。)
  3. .2を粗熱のとれたクッキーの表面にコーティングします。
  4. 乾いたら、チョコペンで顔などを描き、仕上げます。

2015.12.11

しっとり生地と濃厚クリームの「ビュッシュ・ド・ノエル」

  • LINEで送る

製品特長

「ビュッシュ・ド・ノエル」は、中世ヨーロッパで行われたクリスマスの祭りのなかで、使用されていた丸太を模してデコレーションしたロールケーキです。

配合

製品写真

[30cm×32cm 天板 1枚分]
【スポンジ生地】
卵(L寸)                        2個
グラニュー糖                 65g
サラダ油                       20g
牛乳                            20g
特宝笠(薄力小麦粉)      50g

【チョコレートバタークリーム】
無塩バター                   150g
粉糖                             50g
板チョコ(ブラック)           50g

(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・牛乳、サラダ油を湯煎にかけ、温めておきます。
・特宝笠をふるっておきます。
・粉糖はふるい、バターは室温に戻しておきます。

【スポンジ生地】

  1. ボウルに卵を割り入れ軽くほぐし、グラニュー糖を加え湯煎で人肌程度に温めます。
  2. ハンドミキサーなどの泡だて器で泡立てます。
写真1
  1. 牛乳、サラダ油をよく混ぜ合わせたものに、②の一部を、加え、混ぜ合わせます。
  2. 3.を2.に戻し、ゴムベラで混ぜ合わせます。
  3. 篩った特宝笠を数回に分けて4.に加え、生地に艶が出るまでしっかりと混ぜ合わせます
写真2
  1. 出来上がった生地を、紙を敷いた天板に流し入れます。カードを使って、厚みにムラがないように広げてください。
  2. 190℃に予熱したオーブンに入れ、約10分焼きます。
  3. オーブンから出して冷まします。
写真3

【チョコレートバタークリーム】

  1. チョコレートを細かく刻み、電子レンジで戻します。
  2. やわらかくしたバターに篩った粉糖を加えて、色が変わるまでホイップします。
写真4
  1. 1.に2.を数回に分けて加え、滑らかになるまで混ぜ合わせます。
写真5

【仕上げ】

  1. スポンジ生地が充分に冷めたら、紙を剥がして、焼き面に上記のチョコレートバタークリームの半量を薄く延ばし、巻き上げます。
  2. 残りのクリームで巻き上げたケーキの表面を覆うように塗り、片側一方を3cm程度切り、断面を見せるように上部に飾ります。
  3. フォークなどで木目模様を付けます。
写真6

2015.11.17

ナッツを使った香ばしいシュー菓子!「パリブレスト」

  • LINEで送る

製品特長

パリブレストは、フランスのサイクリング大会が発祥のホイールを模したシュー菓子です。
サクッとした生地のシュークラストにアーモンドダイスをトッピングし、香りよく仕上げました!

配合

【製品写真1】

[直径7cmのリース型8個分]

【シュー皮】
北野坂(強力小麦粉)       50g
水                                 85cc
無塩バター                     40g
塩                                   1g
グラニュー糖                   10g
卵                                 70g
アーモンドダイス              30g

【プラリネクリーム】
無塩バター                    150g
粉糖                              40g
カスタードクリーム           100g
プラリネペースト               20g

【カスタードクリーム(仕上げ用)】
カスタードクリーム           120g
「美味しいカスタードクリーム」レシピ参照)


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

●事前準備

【シュー皮】
  • 北野坂(強力小麦粉)はあらかじめふるっておきます。
  • 卵とバターは室温に戻しておきます。
  • 天板にオーブン用ペーパーを敷いておきます。
  • オーブンを180℃に予熱しておきます。
【プラリネクリーム】
  • カスタードクリームは、しっかりと冷やした後、ホイッパーでクリーム状になるまで混ぜておきます。
  • バターは室温に戻して、軟らかくしておきます。
  • 粉糖はあらかじめふるっておきます。

●シュー皮

  1. 手鍋に水、バター、塩、グラニュー糖を入れて沸騰させ、バターを完全に溶かします。
  2. 火を止め、北野坂を加え、粉に水分を吸わせて練り合わせます。
  3. 再び火にかけ(中火)、手早く混ぜながら火を通します。鍋底に薄く膜が張り、生地がひとまとまりになったら火を止めます。

【写真1】
  1. 生地をボウルに移し、ほぐした卵を3~4回に分けて加え、その都度よく練ります。仕上がりの目安は、木じゃくしですくった生地が流れ落ちない程度です。(絞り跡が残る硬さに仕上げてください。)
【写真2】
  1. 絞り袋に生地を入れ、7cmの円を描くように絞り、その外側にもう一周絞ります。さらにその間(上)にもう一周絞ります。(6号星口金使用)
【写真3】
  1. 霧吹きをし、アーモンドダイスを3g程度振りかけます。
【写真4】
  1. 180℃のオーブンで20分、160℃に温度を下げさらに15分焼成します。
  2. 焼き上がったら十分に冷却し、上下半分にスライスします。
  3. カスタードクリームを15g、その上にプラリネクリームを40g絞り、スライスした上の部分を被せます。
【写真5】

●プラリネクリーム

  1. 軟らかくしたバターに粉糖を数回に分けて加え、充分に色が変わるまで泡立てます。
【写真6】
  1. カスタードクリームを2回に分けて加え、しっかりと混ぜ合わせます。
  2. プラリネペーストを加え、均一に混ぜ合わせます。
【写真7】

ポイント

  • シュー生地の炊き上げは、火の通し過ぎや火加減に注意しながら行ってください。
  • 焼成中、オーブンは開けないでください。

2015.10.08

2015ハロウィーン特集①★Whoopi!!Pie<ウーピーパイ>

  • LINEで送る

特長

アメリカ発祥のお菓子「ウーピーパイ」のレシピです。
お菓子の名前にもなった"ウーピー"とは「Whoopi(わーい!やったー!)」と、大人から子供までこのお菓子を見て喜ぶ様子から付けられたそうです。

配合

製品写真

[約6組分(各)]
バター                              50g
グラニュー糖                    130g
塩                                      1g
卵                                    65g

■ココア生地
ココアパウダー                   12g
インスタントコーヒー            0.5g
お湯                                 30cc
特宝笠(薄力小麦粉)          80g
ベーキングパウダー             2g
牛乳                                 10cc

写真 2015-09-18 11 14 24

■かぼちゃ生地
かぼちゃ                       80g
特宝笠(薄力小麦粉)      80g
ベーキングパウダー         2g
牛乳                             10cc

■フィリング
マシュマロ                       6個
-マスカルポーネクリーム
マスカルポーネ             65g
生クリーム                   35cc
グラニュー糖                12g

(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・バターは室温に戻しておきます。
・特宝笠(薄力小麦粉)とベーキングパウダーをあわせてふるっておきます。
・かぼちゃはレンジにかけ、やわらかくなったら裏ごししておきます。(写真)

【マスカルポーネクリーム】
・生クリームとグラニュー糖をホイップし、8分立てにします。
・マスカルポーネに加え、さっくりと混ぜ合わせます。
・冷蔵庫で冷やしておきます。

  1. ココアパウダーとインスタントコーヒーを配合中のお湯で溶きます。
  2. 室温に戻してやわらかくなったバターにグラニュー糖、塩を加えすり混ぜます。
  1. 卵を数回に分けて加え、その都度よく混ぜます。
  1. クリーム状になったら2つにとり分けます。
  1. 4とり分けた生地の一方に1.を、もう一方に裏ごししたかぼちゃをそれぞれ加え、混ぜ合わせます。
  1. 5.に特宝笠(薄力小麦粉)とベーキングパウダーを一緒にしてふるったものを加え、混ぜ合わせます。さらに牛乳を加えて混ぜ合わせます。
  1. 絞り袋に生地を入れ、クッキングシートを敷いた天板に絞ります。
  2. 180~190℃に温めたオーブンで約12分焼きます。
  1. 粗熱がとれたら、クリームをはさみます。

★ココア生地はマシュマロを片方にのせ、レンジであたため(500W約20秒)、マシュマロが柔らかくなったらもう片方の生地でサンドします。

☆かぼちゃ生地にはマスカルポーネクリームを絞り、サンドします。

ポイント

・焼くと少し拡がるので、少し間隔をあけて天板に絞ってください。

2015.05.20

お父さんへ感謝の気持ちを込めて!「父の日スぺシャルケーキ」

  • LINEで送る

毎年6月の第3日曜日は父の日です。
いつも頑張っているお父さんに、手作りケーキでありがとうの思いを伝えましょう!

特長

宝笠ゴールドを使用したふんわりスポンジです。

配合

完成_角まるめ

[30×32cm 天板1枚分]
卵                                  200g (3~4個)  
グラニュー糖                    120g
宝笠ゴールド(薄力小麦粉)  80g

※仕上げ材料
生クリーム                       200cc
グラニュー糖                     20g
お好みのフルーツ              適宜

※抹茶生地
抹茶パウダー                    1.5g
ぬるま湯                             6cc

※ココア生地
ココアパウダー                  1.5g
水                                     6cc

それぞれぬるま湯・水で溶き、工程5.で生地と混ぜ合わせます。


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】

  • 型に合わせてクッキングシートを敷いておきます。
  • 卵は室温に戻しておきます。
  • オーブンを190℃に予熱しておきます。
  • 宝笠ゴールドをふるっておきます。
  1. ボウルに卵を割り入れて軽くほぐし、グラニュー糖を加えて湯煎で人肌程度に温めます。
  2. ハンドミキサーなどの泡立て器でリボン状になるまで泡立てます。
  1. 宝笠ゴールド(薄力小麦粉)を数回に分けて加え、ゴムベラで底からすくって返すように大きく混ぜます。生地に艶が出るまでしっかりと混ぜ合わせます。
  1. ここで生地を250gと100g×2つの3つに取り分けます。
  1. 100gに取り分けた生地で抹茶生地とココア生地を作ります。
    (抹茶生地をぬるま湯で溶いたものを混ぜ合わせます。また、ココア生地は水で溶き、同様に混ぜ合わせます。)
  1. 生地を絞り袋に入れます。
  1. 天板の3分の2の大きさにプレーン生地を絞ります。残りの3分の1の部分には、抹茶生地とココア生地を斜め方向に交互に絞り出します。
  1. 190℃のオーブンで約15分間焼成します。
  1. 十分に粗熱が取れたら、パーツごとに生地を切り分けます。

    土台:13×19cm 2枚
    襟:4.5×5cm 2枚
    ネクタイ:
    (長さ)15cm(幅)最狭部4cm、最広部7cm 1枚
    (上辺)2cm×(下辺)4cm×(高さ)2.5cmの台形 1枚
  1. 土台のシート1枚にホイップしたクリームを広げ、カットしたお好みのフルーツをのせてもう1枚のシートを重ねます。
  1. シートを重ねたら、クリームを塗って表面を整えます。
  1. 襟の部分にもクリームを塗り、表面を整えます。
  2. 土台に、襟とネクタイのパーツを置いて出来上がりです。
  3. 大きめのお皿等に移し、お好みでチョコペンやフルーツで飾り付けて仕上げます。

ポイント

・粉合わせは、しっかりと艶が出るまで混ぜ合わせてください。

2015.04.24

お母さんありがとう!特宝笠で作る「さっくりバターサンドクッキー」

  • LINEで送る

毎年5月の第2日曜日は母の日です。
カーネーションに手作りクッキーを添えて、ありがとうの思いを伝えましょう!

特長

さっくりと口溶けのよいクッキーにバタークリームとラムレーズンをサンド!
抹茶やココア生地には、チョコクリームをサンドしても美味しく仕上がります。

配合

[約14枚(7セット)] 直径5.5cm型
《クッキー生地》
特宝笠(薄力小麦粉)        100g
無塩バター                        70g
グラニュー糖                      30g
卵                                    10g
《バタークリーム》
無塩バター                        50g
粉糖                                 10g
塩                               1つまみ
ラムレーズン                     適量

※抹茶生地に必要な材料
抹茶パウダー                      6g
ぬるま湯                           12g

※ココア生地に必要な材料
ココアパウダー                   10g
牛乳                                 10g


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・無塩バター、卵を室温に戻しておきます。
・特宝笠をふるっておきます。
 (ココア生地の場合、ココアパウダーと一緒にしてふるっておきます。)
・抹茶パウダーをぬるま湯で溶き、ペースト状にしておきます。(抹茶生地の場合)

  1. クリーム状にした無塩バターにグラニュー糖を加え、ハンドミキサーで白っぽくなるまですり混ぜます。
  1. 卵を加え、混ぜ合わせます。
    ※抹茶生地の場合は、ペースト状にしておいた抹茶パウダーを、卵と一緒に加えます。
    ※ココア生地の場合は、卵と一緒に牛乳を加えます。
  1. 特宝笠を加え、さっくりと混ぜ合わせます。
    ※ココア生地の場合は、事前にココアパウダーと一緒にふるっておいた特宝笠を加えます。
  1. ひとまとめにした生地をラップで包み、冷蔵庫で1時間ほど休ませます。
  1. 冷蔵庫で生地を休ませたあと、打ち粉をふった台に生地を取り出し、めん棒で3mmの厚さに延ばします。
  1. お好みの抜き型で抜き、クッキングシートを敷いた天板の上に間隔を空けて並べます。160℃に予熱したオーブンで、薄く焼き色がつくまで約15分焼きます。
  1. クリーム状にした無塩バターに粉糖、塩を加え、ハンドミキサーで白っぽくなるまですり混ぜます。
  2. 十分冷えたクッキーに、7.のバタークリームとラムレーズンをお好みの分量のせてサンドします。
  3. 冷蔵庫に入れて、クッキーとクリームを馴染ませたら完成です!

ポイント

生地を作る際、無塩バターとグラニュー糖はふんわりするまでしっかりすり混ぜると、さっくりした食感に仕上がります。

2014.12.01

【クリスマスレシピ特集】ウィーンのクリスマス定番クッキー「バニラ・キプフェル」

  • LINEで送る

特長

「キプフェル」とは三日月を意味します。オーストリアやドイツ等で食べられている伝統的なクリスマス菓子のクッキーです。サクサクと口溶けの良い食感と、アーモンドとバニラの香りが口の中に広がり、紅茶との相性は抜群です。

配合

製品写真 キプフェル

(24個分)
特宝笠(薄力小麦粉)   100g
アーモンドパウダー        40g
バター                         80g
粉糖                           30g
塩                              ひとつまみ
バニラビーンズ            1/2本
(なければバニラエッセンスを適宜使用してください)


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・バターは室温に戻しておきます。
・特宝笠とアーモンドパウダーは一緒にしてふるっておきます。
・バニラビーンズはさやから出しておきます。

  1. バターと粉糖、バニラビーンズ(またはバニラエッセンス)、塩をすり混ぜます。【写真】
  2. 特宝笠とアーモンドパウダーを加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。
キプフェル写真①
  1. 生地を棒状に整え、ラップをして冷蔵庫で1時間以上休ませます。【写真】
  2. 休ませた生地を24個に分割します。
キプフェル写真②
  1. 分割した生地は両端を尖らせた棒状に延ばし、軽く曲げて三日月形に成型して天板に並べます。【写真】
  2. 170℃のオーブンで約15分焼成します。
  3. 粗熱が取れたら仕上げ用の粉糖をまぶします。
キプフェル写真③

ポイント

サクッともろい食感を出すために、生地はあまり捏ねすぎないようにしてください。

2014.11.25

【クリスマスレシピ特集】クリスマスリース型「シュークリーム」

  • LINEで送る

特長

サクッとした生地のプチシュークリームをクリスマスリース型に仕上げました。
クリームを詰めて、飾り付けと一緒にお楽しみいただくと、とってもクリスマスらしくなります。

配合

シュークリーム完成写真

(直径12cmのリース型4個分)
特宝笠(薄力小麦粉)     50g
牛乳                            85cc
バター                          40g
塩                                 1g
卵                              100g


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】

・特宝笠はあらかじめふるっておきます。
・卵とバターは室温に戻しておきます。
・天板にオーブン用ペーパーを敷いておきます。
・オーブンを180℃に予熱しておきます。

  1. 手鍋に牛乳、バター、塩を入れて沸騰させ、バターを完全に溶かします。
  2. 火を止め特宝笠を入れ、素早く粉に水分を吸わせて練り合わせます。
  3. 再び火にかけ(中火)、手早く混ぜながら火を通します。鍋底に薄く膜が張り、生地がひとまとまりになったら火を止めます。【右写真】
シュークリーム写真 ①
  1. 生地をボウルに移し、ほぐした卵の1/3の量を加えて混ぜ合わせます。
    残りの卵も生地の硬さを見ながら加えていきます。仕上がりの目安は、へらですくった生地がゆっくりと流れ落ち、逆三角形に残る程度です。【左写真】
シュークリーム写真②
  1. 絞り袋に生地を入れ、丸く絞り出します。(口金直径0.5mm)【右写真】
  2. 霧吹きをかけ、180℃のオーブンで20~25分、160℃に温度を下げてさらに15分焼成します。
    温度を下げる目安は表面がきつね色になった頃です。
  3. 焼き上がったら粗熱をとり、上下半分にスライスし、クリームを絞り、お好みのトッピングをして仕上げます。
シュークリーム写真③

ポイント

・シュー生地の炊き上げは、火を入れ過ぎると油が染み出し生地が分離してきます。
  火の通し過ぎや火加減に注意しながら行ってください。
・焼成中、オーブンは絶対に開けないでください。

2014.11.18

【クリスマスレシピ特集】美味しいカスタードクリーム(バニラビーンズ入り)

  • LINEで送る
クリスマス特集第1弾は、様々なお菓子にお使いいただける
美味しいカスタードクリームです。
是非マスターしてみてはいかがでしょうか。

特長

コクのある味わいと、滑らかな口当たりのカスタードクリームに仕上がります。
シュークリームやケーキのトッピングに最適です。カスタードクリームとその半量のホイップクリームを混ぜると、ふんわりと軽く仕上がり、よりクリーミーな味わいになります。

配合

牛乳                             100cc
バニラビーンズ               1/5本 (なければバニラエッセンスを適宜使用してください。)
卵黄                              30g
グラニュー糖                   14g
特宝笠(薄力小麦粉)[*]     7g
バター                              5g

[*]弊社製菓用小麦粉(宝笠ゴールド、宝笠ドゥノール、宝笠異人館)でお作りいただくと、より口当たりの良いクリームに仕上がります。


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
特宝笠をふるっておきます。

  1. 手鍋に牛乳、さやから取り出したバニラビーンズとさやを入れ沸騰させます。(バニラエッセンスをご使用の場合は後ほど加えますので、ここでは入れないでください。)
カスタード写真①
  1. ボウルにふるった特宝笠とグラニュー糖を入れ、ホイッパーで混ぜておき、卵黄を加えて混ぜ合わせます。
カスタード写真②
  1. .2に1.を加え、混ぜ合わせます。
カスタード写真③
  1. 3.をこし器などでこし、手鍋に戻し入れます。
カスタード写真④
  1. 強めの中火にかけ、焦がさないように混ぜながら炊き上げます。炊いていると粘りが出て重たくなります。そこからさらにさらっとした状態になるまで、炊いてください。
カスタード写真⑤
  1. 火を止め、バターを加えて混ぜ合わせます。(バニラエッセンスをご使用の場合は、ここで加えてください。)
カスタード写真⑥
  1. バットなどに取り、表面をラップで覆って冷却します。
カスタード写真⑦

2014.07.21

【夏休み特集】親子で作る「クレープ」

  • LINEで送る

特長

しっとりと歯切れの良い食感のクレープです。
アイスクリームやフルーツなどでかわいくトッピングしてお楽しみください。

配合

製品写真

(直径18㎝[約6枚分])
卵                          100g
牛乳                                     150cc
特宝笠(薄力小麦粉)         100g
グラニュー糖                          20g
塩                                          少々
バター               15g


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・特宝笠、グラニュー糖、塩は一緒にふるっておきます。
・バターは溶かしておきます。

  1. 一緒にふるった特宝笠、グラニュー糖、塩をボウルに入れます。
  2. 卵、牛乳を一緒に溶き、1.の粉類の上に加えます。(写真)
工程1
  1. ホイッパーでしっかり混ぜ、溶かしたバターを加え混ぜ合わせます。
  2. 生地を裏ごしします。(写真)
工程2
  1. 1時間冷蔵庫で休ませます。
  2. フライパンに生地を薄く流し入れ、弱火で薄焼き卵を焼くように焼成します。(写真)
工程3

ポイント

テフロン加工のフライパンをお使いいただくと、生地を簡単に裏返すことができます。

2014.07.14

【夏休み特集】親子で作る「アイスブッセ」

  • LINEで送る

特長

さっくり軽い食感に仕上がります。
アイスクリームを挟んで凍らせて、暑い夏にぴったりのアイスデザートをお試しください。

配合

製品写真

(14個分[上下2個で1セット])
卵                            90g
卵黄                               30g
グラニュー糖           90g
宝笠ゴールド(薄力小麦粉) 100g
ベーキングパウダー                 3g
粉糖                 適量


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・天板にクッキングシートを敷いておきます。
・宝笠ゴールドとベーキングパウダーは一緒にふるっておきます。

  1. ボウルに卵、卵黄を割り入れて軽くほぐし、グラニュー糖を加えます。
  2. ハンドミキサーなどの泡立て器で角が立つくらいまでしっかりと泡立てます。(写真)
写真①
  1. 一緒にふるった宝笠ゴールド、ベーキングパウダーをさっくり軽く混ぜ合わせます。(写真)
  2. 絞り袋に生地を入れ、クッキングシートを敷いた天板に20g程度絞り出します。
写真②
  1. 生地に粉糖を振りかけます。(写真)
  2. 210℃に予熱したオーブンで約8分焼成します。
  3. 粗熱が取れたら、アイスを挟んで凍らせてお召し上がりください。
写真③

ポイント

・粉を混ぜるときは、混ぜすぎると絞った際に生地が拡がりすぎてしまうので注意してください。
・粉糖はたくさん振りかけると、表面が割れにくくなります。

2013.11.05

【宝笠異人館】マドレーヌ

  • LINEで送る

特長

ふんわり・しっとりマドレーヌ。宝笠異人館ならではのソフトな食感です。

 

配合

製品写真1

(約10個分)

卵                                              120g
卵黄                                            20g
グラニュー糖                           110g
塩                                               0.5g
はちみつ                                    10g
宝笠異人館(薄力小麦粉)  100g
ベーキングパウダー                  3g
バター                                        80g
生クリーム                                40cc
牛乳                                           20cc

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • 宝笠異人館とベーキングパウダーは一緒にふるっておきます。
  1. 卵、卵黄、グラニュー糖、塩、はちみつをホイッパーで混ぜ合わせます。
  2. 一緒にしてふるった宝笠異人館とベーキングパウダーを、1.に加えしっかりと混ぜ合わせます。
  3. バター、生クリーム、牛乳をいっしょにして湯せんで溶かしたものを、2.に加え混ぜ合わせます。(上写真)
  4. ラップをして約30分生地を休ませます。
マドレーヌ①
  1. マドレーヌ型いっぱいに生地を絞り、190℃のオーブンで約14分焼きます。
マドレーヌ②

ポイント

テフロンや金型のマドレーヌ型をお使いの際は、型にバターを塗り、小麦粉をふりかけた後、余分な小麦粉を落とします。その上に生地を絞ると型離れが良く、きれいな焼き色のマドレーヌが仕上がります。

2013.10.31

【宝笠異人館】パウンドケーキ

  • LINEで送る

特長

宝笠異人館で作ったパウンドケーキは口溶け感が抜群です。やわらかくきめ細やかな食感をお楽しみください。

 

配合

製品写真

(20cm×9cmパウンド型1台分)

バター                                         120g
グラニュー糖                              100g
卵                                                  90g
卵黄                                              20g
牛乳                                      10cc
宝笠異人館(薄力小麦粉)    100g
ベーキングパウダー                    2g

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • 宝笠異人館とベーキングパウダーは一緒にふるっておきます。
  • バターは室温に戻しておきます。
  1. 室温に戻したバターをクリーム状になるまで混ぜ、グラニュー糖を加え、白っぽくなるまですり混ぜます。
パウンドケーキ①
  1. 卵と卵黄を混ぜ合わせ、3~4回に分けて1.に加え、その都度しっかり混ぜ合わせます。
  2. 牛乳を加え混ぜ合わせます。
  3. いっしょにしてふるった宝笠異人館とベーキングパウダーを加え、しっかりと艶が出るように混ぜ合わせます。
パウンドケーキ②
  1. パウンド型に生地を流し入れ、170℃に予熱したオーブンで約35分焼成します。
パウンドケーキ③

ポイント

バターと砂糖は、空気を含ませるようにしっかり混ぜると、ふんわりとソフトなパウンドケーキに仕上がります。

2013.10.31

【宝笠異人館】クッキー(絞り生地)

  • LINEで送る

特長

宝笠異人館を使用すると、驚くようなサクサク感とほどけるような口溶けのクッキーに仕上がります。

 

配合

絞りクッキー④

(約25枚)

宝笠異人館(薄力小麦粉)      100g
バター                                            95g
グラニュー糖                                 60g
卵                                                    10g
ベーキングパウダー                   0.2g
バニラオイル                               適量

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • 宝笠異人館とベーキングパウダーは一緒にふるっておきます。
  • バターは室温に戻しておきます。
  • 星口金と絞り袋をご用意ください。
口金星8切8号
絞り袋

  1. バターにバニラオイルを加え、クリーム状になるまで混ぜます。
絞りクッキー①
  1. グラニュー糖を加え、白っぽくなるまですり混ぜます。
  2. 卵を混ぜ合わせます。
  3. 一緒にふるった宝笠異人館とベーキングパウダーを加え、ゴムベラでさっくり混ぜます。
絞りクッキー②
  1. 星口金を付けた絞り袋に生地を入れ、クッキングシートを敷いた天板に直径3cm程度の円を描くように絞り出します。(焼くと広がるので適度に間隔をあけて絞ってください)
    ジャムをのせる場合は、絞り出したあと中央部分を指で押してくぼみを作り、くぼみにジャムをのせると簡単です。
  2. 170℃に予熱したオーブンで約12分焼きます。
絞りクッキー③

ポイント

  • 宝笠異人館を加えたあとは、サックリと混ぜ合わせてください。混ぜすぎると生地が粘り、絞り出しにくくなります。
  • オーブンの機種によって焼成温度・時間は調整してください。

2013.10.30

【宝笠異人館】カップシフォンケーキ

  • LINEで送る

特長

カップタイプのシフォンケーキです。中にクリームを入れたり、デコーレションを施すとプレゼントとしても最適です。

 

配合

製品写真2

(6.5cmのカップ約10個分)

(A)
卵黄                                            3個分
グラニュー糖                            20g
牛乳                                           30cc
サラダ油                                    30cc

(B)
卵白                                             3個分
グラニュー糖                             45g

宝笠異人館(薄力小麦粉)    60g
ベーキングパウダー                  3g

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • 宝笠異人館とベーキングパウダーを一緒にふるっておきます。
  • 卵を卵白と卵黄に分けておきます。
  1. (A)卵黄にグラニュー糖を加え、マヨネーズ状になるまでハンドミキサーでしっかりと泡立て、牛乳、サラダ油を加えて混ぜ合わせます。
シフォンケーキ②
  1. (B)別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てながら、グラニュー糖を2~3回に分けて加え、しっかりとしたメレンゲを作ります。
シフォンケーキ①
  1. (A)に(B)のメレンゲの約3分の1を入れ、混ぜ合わせます。
  2. 宝笠異人館とベーキングパウダーを加え、しっかりと混ぜ合わせます。
  3. (B)のメレンゲの残りを加え、さっくりと混ぜ合わせます。(上写真)
シフォンケーキ③
  1. 型の6分目を目安に生地を流し、180℃に予熱したオーブンで約15分焼成します。
  2. 粗熱が取れたら、お好みのデコレーションをほどこします。
シフォンケーキ④

ポイント

メレンゲを作る際は、最初に卵白のみ5分立て程度まで泡立て、その後グラニュー糖を加えていくと、しっかりとしたメレンゲを作ることができます。

2013.09.09

【特宝笠】ガレット

  • LINEで送る

特長

特宝笠を使用することでサックリ軽い口当たり、バターとラム酒の香りが漂います。

配合

ガレット(完成品①)

《 直径6cmガレット型約10個分 》
無塩バター            200g
グラニュー糖           120g
卵黄                 40g
特宝笠(薄力小麦粉)      200g
ベーキングパウダー              2g
ラム酒                2cc

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • バターは室温に戻しておきます。
  • 特宝笠とベーキングパウダーを一緒にしてふるっておきます。
  1. バターとグラニュー糖をすり混ぜます。
  2. 卵黄、ラム酒を加え混ぜ合わせます。
  3. 特宝笠とベーキングパウダーを加え、生地をひとまとめにします。
ガレット①
  1. 生地を冷蔵庫で休ませます。
ガレット②
  1. 生地を1㎝程度に延ばし、ガレットケースより一回り小さい型で型抜きし、十分に冷やします。
ガレット③
  1. 卵黄を塗り、フォークなどで模様をつけたら、ガレットケースに入れ、天板に並べ、170℃のオーブンで約30分焼きます。
ガレット④

2013.06.20

【特宝笠】スポンジケーキ

  • LINEで送る

特長

きめが細かく、口溶けの良い、しっとりとしたスポンジケーキに仕上がります。

配合

spongecake-1

卵                                              3個
グラニュー糖                        100g
牛乳                                        20cc
特宝笠(薄力小麦粉)          90g
バター                                     20g

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • 牛乳を人肌に温めておきます。
  • バターを溶かしておきます。
  • 特宝笠をふるっておきます。
  1. ボウルに卵を割り入れ軽くほぐし、砂糖を加え、湯煎で人肌程度まで温めます。
  2. ハンドミキサーなどの泡だて器でリボン状になるまで泡立てます(写真)。
  1. 牛乳を加え、混ぜ合わせます。
  2. 特宝笠を数回に分けて加え、ゴムベラで底から救って返すように大きく混ぜ、生地に艶がでるくらいまでしっかりと混ぜ合わせます(写真)。
  3. とかしたバターを加え、均一になるよう混ぜ合わせます。
  1. 紙を敷いた型に生地を流し入れ、180℃に予熱したオーブンで約25分焼きます。
  2. オーブンから取り出し、20cmくらいの高さから落としてショックを与えた後、型から取り出します(写真)。
  1. 粗熱がとれたら、クリームやフルーツでデコレーションして仕上ます。

ポイント

  • 生地ムラがないように、底からしっかり混ぜ合わせてください。
  • 特宝笠は気泡を壊しにくい小麦粉ですので、粉合わせをしっかり行うことが、しっとりしたスポンジケーキを作るポイントです。

2013.06.20

【特宝笠】シフォンケーキ

  • LINEで送る

特長

ふんわり柔らかい食感、なめらかな口当たりが特徴的なシフォンケーキに仕上がります。

配合

sifoncake-1

直径17㎝シフォンケーキ型1台分

(A)
卵黄              3個分
グラニュー糖       20g
牛乳            45cc
サラダ油                   35cc
(B)
卵白                     3個分
グラニュー糖       45g

特宝笠(薄力小麦粉)   60g
ベーキングパウダー         3g

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

(A)卵黄にグラニュー糖を加え、マヨネーズ状になるまでハンドミキサーでしっかりと泡立て、牛乳、サラダ油を加え、混ぜ合わせます。

(B)別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てながら、グラニュー糖を2~3回に分けて加え、しっかりとしたメレンゲを作ります。

(A)に(B)のメレンゲの約3分の1を入れ、混ぜ合わせます。
特宝笠とベーキングパウダーを加え、しっかり混ぜ合わせます。
残りのメレンゲを加え、さっくりと混ぜ合わせます。

型に流し、180℃に予熱したオーブンで約25分焼成します。
焼成後、逆さにして粗熱を取り、十分に冷却した後、型から取り出します。

ポイント

  • メレンゲを角が立つまでしっかり立てることで、ソフトでボリュームのあるものに仕上がります。
  • メレンゲを作る際は最初に卵白のみ5部立て程度まで泡立て、その後グラニュー糖を加えていくと、しっかりとしたメレンゲを作ることができます。

2013.06.20

【特宝笠】カップケーキ

  • LINEで送る

特長

ソフトでしっとりとしたカップケーキに仕上がります。また、アーモンドスライス、チョコチップ、あられ糖などを組み合わせて、バリエーションがとりやすいカップケーキです。

配合

cupcake-1

《直径6.5cm×高さ5cmマフィン型 4個分》
特宝笠(薄力小麦粉)     100g
バター                                  90g
卵                                          80g
上白糖                                 70g
牛乳                                      15cc
ベーキングパウダー             2g

※バリエーション
・アーモンドスライス
・チョコチップ
・あられ糖

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • バター、卵、牛乳を室温に戻しておきます。
  • 特宝笠とベーキングパウダーを一緒にふるっておきます。
  1. バターに上白糖を加え、白くなるまですり合わせます。
  2. 卵を数回に分けて加え、よく混ぜ合わせます(写真)。
  1. 牛乳を加え、均一に合せます(写真)。
  1. 特宝笠とベーキングパウダーをしっかりと混ぜ合わせます(写真)。
  2. 型の6分目まで生地を流し入れ、180℃に予熱したオーブンで約15分焼成します。

ポイント

  • 卵は室温に戻し、数回に分けて混ぜ合わせることで、卵とバターが分離せずに混ぜ合わせることができます。
  • 特宝笠を加えた後は、生地に艶がでるまで混ぜ合わせてください。

2013.06.20

【特宝笠】サブレ(型抜き)

  • LINEで送る

特長

手軽にさっくりした、口溶けの良いサブレができます。

配合

sable-1

(約20枚分)
特宝笠(薄力小麦粉)     100g
バター                                   75g
粉糖                                      40g
卵黄                                        1g

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • バターを室温に戻しておきます。
  • 特宝笠をふるっておきます。
  1. バターに粉糖を加え、すり混ぜます。
  2. 卵黄を加え、混ぜ合わせます(写真)。
  3. 特宝笠を加えてしっかり合わせ、ひとまとめにした生地を冷蔵庫で休ませます。
  1. 冷蔵庫で生地を休ませた後、打ち粉をふった板の上に生地を取り出し、めん棒で3mmの厚さに延ばします(写真)。
  2. お好みの抜き型で抜き、クッキングシートを敷いた天板の上に、間隔をあけて並べます。
  3. 180℃に予熱したオーブンで、焼き色が付くまで約10分焼きます。

ポイント

生地を冷蔵庫でしっかり休ませることで、作業性が良くなります。

2013.06.20

【特宝笠】クッキー(アイスボックス)

  • LINEで送る

特長

サクサクした食感と、口溶けのよいクッキーに仕上がります。

配合

cookie-1

(約20枚分)
特宝笠(薄力小麦粉)     100g
バター                                   70g
グラニュー糖                        60g
牛乳                                      25g
食塩                                     0.3g

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • バターを室温に戻しておきます。
  • 特宝笠をふるっておきます。
  1. バターをクリーム状になるまで練り、グラニュー糖と食塩を加え、均一にすり混ぜます。
  2. 特宝笠を加え、均一に混ぜ合わせます(写真)。
  1. 牛乳を合わせ、生地をひとまとめにして、冷蔵庫で生地を冷やします。
  2. 十分に冷やした生地を直径3cmの棒状に伸ばし、冷凍庫で凍らせます。
  1. 粗めの砂糖を入れたバット上で生地を転がし、砂糖を側面に付着させます。
  2. 1cm幅(約10g)に生地をカットし(写真)、180℃に予熱したオーブンで約15分焼成します。

ポイント

生地を十分に冷やすことで、べたつかず、作業がしやすくなります。

2013.06.20

【特宝笠】スコーン

  • LINEで送る

特長

イギリスのティータイムには必ず登場する代表的なお菓子で、表面はさっくり、中はしっとりしているのが特徴です。口溶けがよく、しっとりとした食感に仕上がります。サワークリームやクリームチーズ、またはジャムなどをお好みでつけてお召し上がりください。

配合

scone-1

(約10個分)
特宝笠(薄力小麦粉)    300g
ベーキングパウダー            9g
グラニュー糖                       36g
食塩                                    1.5g
バター                                   60g
卵                                            1個分
牛乳                                      90cc

 (Amazonの商品購入ページへ移動します。)

作り方

【事前準備】
  • 特宝笠、ベーキングパウダー、グラニュー糖、食塩を一緒にふるっておきます。
  • バターを室温に戻しておきます。
  1. 特宝笠、ベーキングパウダー、グラニュー糖、食塩を合わせたものに、バターを加え、カードで切るように合せます。バターの塊がなくなれば、手ですり混ぜても大丈夫です。
  1. そぼろ状になったら、卵、牛乳を加えて、あまり練りすぎないように生地をひとまとめにし、ポリ袋に入れ、冷蔵庫で20分程度休ませます。
  1. 休ませた生地を2~3mmの厚さに延ばし、お好みの型で型抜きをします。
  1. クッキングシートを敷いた天板に並べ、表面に牛乳(分量外)をハケで塗り、200℃に予熱したオーブンで約15分焼きます。

ポイント

  • 生地を捏ねすぎると硬く重たい食感になります。切るように混ぜ合わせ、粉気がなくなったところで生地をひとまとめにし、休ませます。
  • 表面に牛乳を塗ると、艶が出て、見た目もきれいになります。