ごあいさつ

当社が常に追い続けております製菓用小麦粉のメインコンセプトとして「できるだけグルテン形成が少なく、また泡立て気泡を優しく包んで壊さないもの」ということを、大正初期の時代からの秘伝として独特の粉作りを引き継ぎ、さらに改良を重ねて参りました。当社はもてる技術と更新された生産設備をフル活用し、皆様の細やかなご要望にお応えしたいと考えております。

さらに私どもは、単によい小麦粉だけでなく、美味しいお菓子や、お料理のできる素材として優れた小麦粉作りに懸命に取り組み、製菓・製パン・製麺などの二次加工のお得意様、ならびに消費者の皆様にご満足していただける製品の供給を心がけてまいります。

伝統は守ることではなく継続していくこと。良い物は残し、またベースとしながら、その時代に合ったより良いものを追求し、創造していくことがメーカーとしてのロマンであると思っております。

会社概要

商号 株式会社増田製粉所
設立 明治41年5月25日
営業品目 小麦粉、ふすま、乾麺
資本金 50,000万円
主な株主 日東富士製粉(株)
(株)神明
(株)みなと銀行
株式上場 (株)東京証券取引所 市場第二部
売上高 5,681百万円(平成23年3月期)
主要取引銀行 (株)みずほ銀行
(株)三井住友銀行
(株)みなと銀行
所在地 本社・工場 〒653-0021
神戸市長田区梅ケ香町1丁目1番10号
TEL(078)681-6701
FAX(078)681-6710
URL http://www.masufun.co.jp/
東京支店 〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町16番15号
(神明日本橋ビル8階)
TEL(03)3666-5700
FAX(03)3666-5703
グループ企業 カネス製麺株式会社
乾麺製造販売
兼三株式会社
神戸地区代理店

沿革

明治39(1906)年 増田増蔵が米国ポートランドのセンテニアル製粉会社と共同で神戸市の現在地に製粉工場を建設し、増田増蔵製粉所として事業を開始
明治41(1908)年 5月 株式会社組織に改め株式会社増田製粉所を設立(資本金50万円)
昭和20(1945)年 2月 第二次世界大戦の空襲により工場を焼失
昭和21(1946)年 2月 工場を復興
昭和30(1955)年 5月 神戸証券取引所に上場(資本金5,000万円)
昭和36(1961)年10月 神戸証券取引所閉鎖にともない大阪証券取引所、市場第二部に上場
昭和37(1962)年 1月 原料サイロを新設し、倉庫業、港湾運送事業を開始
昭和37(1962)年11月 東京営業所を開設
昭和48(1973)年 1月 牛牧場(神戸ファーム)を開設
昭和48(1973)年 6月 大阪出張所を開設
昭和49(1974)年 6月 フラワーサイロを新設
昭和53(1978)年 6月 資本金を5億円に増資
昭和62(1987)年 6月 加工技術センターを新設
平成 7(1995)年 1月 阪神・淡路大震災
平成 8(1996)年12月 東京営業所を東京支店に昇格
平成11(1999)年 7月 本社工場設備を一新
平成12(2000)年 3月 ISO9001:1994の認証を取得
平成12(2000)年 9月 ふすまバラ出荷設備を新設
平成15(2003)年 3月 小袋工場新設
平成15(2003)年 4月 小麦粉パッカーライン新設
平成15(2003)年 6月 ISO9001:2000の認証を取得(本社工場、東京支店)
平成15(2003)年12月 ふすまサイロ新設
平成16(2004)年10月 製品倉庫新設
平成16(2004)年11月 テンパリングサイロ、フラワーサイロ新設
平成17(2005)年 4月 家庭用ミックス工場新設
平成17(2005)年10月 自動立体倉庫新設
平成19(2007)年 2月 AIBフードセーフティ監査を受審し”EXCELLENT”の評価を獲得
平成19(2007)年 6月 製粉工場に給気システムを新設
平成21(2009)年 3月 日東富士製粉株式会社と業務提携
平成21(2009)年 4月 ISO9001:2008の認証を取得(本社工場、東京支店)
平成22(2010)年 7月 大阪出張所を閉鎖
平成23(2011)年 3月 畜産事業を全国農業協同組合連合会へ事業譲渡
平成25(2013)年 7月 大証と東証の株式市場統合にともない東京証券取引所市場第二部に上場

食の安全への取り組み

AIBフードセーフティー監査において、“EXCELLENT(良好)”の評価を取得

当社は、近年食の安全・安心に対する社会的関心の高まりを受けまして、「AIB食品安全統合基準※」に基づいた活動を展開し、製品への異物混入防止をはじめとした食品安全対策に取り組んでいます。
2008年2月にAIBフードセーフティ監査※を受審し、“EXCELLENT”の評価を得ました。

詳しくはAIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システムのホームページへ

具体的な取り組み

品質管理

hinkan

小麦粉がどのような用途に使われるのかを考え、そのために最も適した原料小麦を選ぶことが、高品質の小麦粉を作るための第一歩です。
当社では、原料小麦から小麦粉の出来上がりまでの多くの工程で、厳しい検査を行い、定められた品質、規格に合った小麦粉になっているかを詳しく調べます。

研究開発

工場で製造された小麦粉やプレミックス粉が、お客様に満足していただける品質になっているかどうか、パン、ケーキ、麺などのそれぞれの用途に応じて加工テストを行います。

さらに現在の品質に満足することなく、より高品質で、お客様にとっての使いやすさを求めて、小麦粉やプレミックス粉などの新製品の開発を繰り返し続けています。

技術指導

sidou

お客様へのアフターサービスの一環として、トレンディーな話題を取り上げて、パンやケーキの講習会を適時開催しています。

また、お客様からのご依頼により、レシピ作りや試作など、「お客様の研究室」としての役割も果たしております。さらに、小麦粉加工技術に関するお問い合わせやご相談にも応じています。