2016.12.07

【NEW!】ドイツのクリスマス伝統菓子「シュトレン」

  • LINEで送る

製品特長

ドイツでは、シュトレンはクリスマスに欠かせない発酵菓子のひとつで、洋酒に漬けたドライフルーツとレーズンをたっぷり練りこみ、スパイスの香りが効いた上品な甘みに仕上がります。
弊社の強力小麦粉「北野坂」をシュトレンにご使用いただくと、しっとりと口溶けよくやさしい味わいとなります。

配合

製品写真

[2個分]
北野坂(強力小麦粉)         200g
インスタントイースト               3g
砂糖                                 30g
塩                                      3g
マーガリン                          60g
卵                                     25g(M玉1/2個)
水                                   100g
シナモン                              2g
ナツメグ                            0.6g
レーズン★                         80g
ドライフルーツ★                  60g
くるみ★                             40g
アーモンド★                       40g
洋酒(ラム)(漬けこみ用)★  適量

【仕上げ用】
溶かしバター(マーガリン可)  40g
グラニュー糖                      適量
粉糖                                 適量


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・レーズンとドライフルーツを洋酒(ラム)に漬けこみます。
・くるみとアーモンドは粗めに刻んで軽くローストしておきます。

  1. ホームベーカリーの「生地づくりコース」にセットして、★以外の全ての材料を入れて生地を作ります。(※「生地づくりコース」は、ホームベーカリーのメーカー、機種によって呼び方や機能が異なりますので、ご使用前にお手持ちのホームベーカリーの取扱説明書でご確認ください。
  2. 生地が出来上がりましたら、★の材料を生地に粗く混ぜ込み、約40分間発酵させます。(※お手持ちのホームベーカリーの具材投入機能をご確認ください。)
  3. 発酵した生地を2等分して丸め、10分間休ませます。(生地が乾燥しないようにラップなどで覆っておきましょう。)
写真1
  1. 休ませた生地を中央から麺棒をかけ、両端の生地を張らせるように延ばします。(※このとき両端まで麺棒はかけずに、生地に厚みを残しておいてください。)
写真2
  1. 生地の両端をずらして二つに折りたたみます。
写真3
  1. 生地の折り返し部分を麺棒でしっかりと押さえて生地をくっつけます。
写真4
  1. ベーキングシートを敷いた天板に並べて50分発酵させ(少しふくらむ程度)、180℃のオーブンで約20分焼成します。
  2. 焼き上がりましたら、すぐに刷毛で溶かしバターをまんべんなく裏側にも塗ります。
写真5
  1. さらにグラニュー糖をまぶします。
写真6
  1. 十分に熱が冷めたら、粉糖をまんべんなくふりかけます。
写真7

ポイント

・グラニュー糖や粉糖は、たっぷりとお使いください。
・当日よりも翌日のほうが、味や香りがなじんでしっとりし、より美味しくお召し上がりいただけます。
・7mm~10mmの厚みにスライスすると食べやすいです。

2015.12.11

しっとり生地と濃厚クリームの「ビュッシュ・ド・ノエル」

  • LINEで送る

製品特長

「ビュッシュ・ド・ノエル」は、中世ヨーロッパで行われたクリスマスの祭りのなかで、使用されていた丸太を模してデコレーションしたロールケーキです。

配合

製品写真

[30cm×32cm 天板 1枚分]
【スポンジ生地】
卵(L寸)                        2個
グラニュー糖                 65g
サラダ油                       20g
牛乳                            20g
特宝笠(薄力小麦粉)      50g

【チョコレートバタークリーム】
無塩バター                   150g
粉糖                             50g
板チョコ(ブラック)           50g

(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・牛乳、サラダ油を湯煎にかけ、温めておきます。
・特宝笠をふるっておきます。
・粉糖はふるい、バターは室温に戻しておきます。

【スポンジ生地】

  1. ボウルに卵を割り入れ軽くほぐし、グラニュー糖を加え湯煎で人肌程度に温めます。
  2. ハンドミキサーなどの泡だて器で泡立てます。
写真1
  1. 牛乳、サラダ油をよく混ぜ合わせたものに、②の一部を、加え、混ぜ合わせます。
  2. 3.を2.に戻し、ゴムベラで混ぜ合わせます。
  3. 篩った特宝笠を数回に分けて4.に加え、生地に艶が出るまでしっかりと混ぜ合わせます
写真2
  1. 出来上がった生地を、紙を敷いた天板に流し入れます。カードを使って、厚みにムラがないように広げてください。
  2. 190℃に予熱したオーブンに入れ、約10分焼きます。
  3. オーブンから出して冷まします。
写真3

【チョコレートバタークリーム】

  1. チョコレートを細かく刻み、電子レンジで戻します。
  2. やわらかくしたバターに篩った粉糖を加えて、色が変わるまでホイップします。
写真4
  1. 1.に2.を数回に分けて加え、滑らかになるまで混ぜ合わせます。
写真5

【仕上げ】

  1. スポンジ生地が充分に冷めたら、紙を剥がして、焼き面に上記のチョコレートバタークリームの半量を薄く延ばし、巻き上げます。
  2. 残りのクリームで巻き上げたケーキの表面を覆うように塗り、片側一方を3cm程度切り、断面を見せるように上部に飾ります。
  3. フォークなどで木目模様を付けます。
写真6

2015.11.26

アーモンドとオレンジ香るイタリアの発酵菓子「ベネチアーナ」

  • LINEで送る

製品特長

ベネチアーナとは、イタリア発祥のクリスマスの定番発酵菓子である「パネトーネ」の生地に、オレンジピールを練り込み、マカロン生地を上掛けしたベネチア地方の「パネトーネ」です。
マカロン生地のアーモンドの香りと、パン生地のオレンジの香りが、口いっぱいに広がります

配合

製品写真①

[直径12cm,高さ3.5cmの紙型3個分]

【生地】
北野坂(兵庫県産強力小麦粉)   150g
インスタントイースト                      5g
砂糖                                        30g
塩                                             2g
スキムミルク                               6g
牛乳                                        30cc
ヨーグルト                                 50g
卵黄                                          1個
バター                                      30g
オレンジピール                          50g
レーズン                                   20g

【マカロン生地】
バター                                       20g
砂糖                                         40g
卵白                                         30g
アーモンドプードル                       50g

【トッピング】
アーモンドホール                         適量
(ダイスカットやスライスでも美味しく仕上がります。)
あられ糖                                    適量
粉糖                                          適量


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【マカロン生地】

  1. 室温に戻したバターを滑らかになるまで、ホイッパーで混ぜます。
  2. 1.にその他の材料を加え、均一になるまで混ぜていきます。
写真1

【生地】

  1. ホームベーカリーの「生地づくりコース」にセットして、オレンジピールとレーズン以外の材料を投入して生地を作ります。(「生地づくりコース」は、ホームベーカリーのメーカー、機種によって呼び方や機能が異なりますので、ご使用前にお手持ちのホームベーカリーの取扱説明書でご確認ください。)
  2. オレンジピール、レーズンは、お手持ちのホームベーカリーのトッピング投入タイミングで加えてください。(「トッピング投入モード」がない場合は、生地が捏ね上がり次第投入し、均一になるまで混ぜてください。)
  3. 生地が繋がりにくいため、グルテンの薄い膜が出来るまで、適宜ミキシング時間を延長してください。
写真2
  1. 生地が出来上がりましたら、生地を軽くまとめてボウルに移し、暖かい場所で約60分間発酵させます。(生地が乾燥しないようにラップなどで覆っておきましょう。)
  2. 発酵させた生地を3つに切り分け、丸めて紙型に入れ、暖かい場所で発酵させます。
  3. 初めの大きさの3倍くらいになったら(約90分)、マカロン生地を渦巻状に絞ります。続いて粉糖をふり、アーモンドホールまたはアーモンドスライス、あられ糖をトッピングし、最後にもう一度軽く粉糖をふります。(マカロン生地は焼成中に拡がりやすくなっています。拡がる間隔をあけながら絞り、生地のフチには絞らないでください。)
写真3
  1. 170℃に予熱したオーブンに入れ、約25分焼きます。
写真4

ポイント

  • 生地はしっかりこねることで、やわらかくソフトに仕上がります。
  • オレンジピールがなければ、マーマレードでもお作りいただけます。
    その場合は、砂糖を10gに減らして、他の材料と一緒に最初から投入してください。
  • マフィンカップでもお作りいただけます。
    (写真は、60gの生地を直径6.5㎝高さ5㎝のカップ型で焼きました。)

2014.12.08

【クリスマスレシピ特集】イタリアのクリスマス定番菓子パン「パネトーネ」

  • LINEで送る

特長

「パネトーネ」とは、卵たっぷりの甘い生地にドライフルーツをたっぷり使用したイタリアの伝統的な発酵菓子パンです。保存性が良くプレゼントとしても喜ばれます。
ご家庭でも手軽にお作りいただけるレシピをご用意しました。

配合

パネトーネ完成品

(直径10cm,高さ10cmのパネトーネカップ3個分)

[生地A]
はるこい100(強力小麦粉)    150g
インスタントイースト                 9g
砂糖                                   15g
牛乳                                   90cc
[生地B]
はるこい100(強力小麦粉)    150g
砂糖                                   75g
塩                                        1g
スキムミルク                         12g
バター                                 60g
牛乳                                   40cc
卵黄                                     2個
フルーツミックス                    60g
バニラオイル                        少量


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

[生地A]

  1. はるこい100、インスタントイースト、砂糖をボウルに入れ、軽くかき混ぜます。
  2. 少し温めた牛乳を入れ、ヘラで混ぜていきます。
  3. 水分が全体にいきわたったら、手でこねていきます。
  4. 手につかなくなってきたら、ボウルから取り出し、作業台の上でこねていきます。
  5. 生地が手につかないようになったら、丸くまとめてバターを薄く塗ったボウルに入れ、ラップまたはぬれ布巾をかぶせて暖かい場所で発酵させます。(2時間くらい)【写真】
パネトーネ写真①

[生地B]

  1. はるこい100、砂糖、塩、スキムミルクをボウルに入れ、軽くかき混ぜます。
  2. 1.に生地Aを適当な大きさにちぎって入れます。【写真】
パネトーネ写真②
  1. 牛乳、卵黄、バニラオイルを入れ、ヘラで混ぜていきます。
  2. 水分が全体に行きわたったら、手でこねていきます。
  3. 少しつながってきたら、バターを入れてさらにこねていきます。
  4. 手につかなくなってきたらボウルから取り出し、作業台の上でこねていきます。(15分くらい)
  5. 滑らかで薄い膜ができたら、生地を広げます。【写真】
パネトーネ写真③
  1. 広げた生地にフルーツミックスを入れ、重ね合わせるように混ぜていきます。
パネトーネ写真④
  1. 混ざったら丸くまとめてバターを薄く塗ったボウルに入れ、ラップまたはぬれ布巾をかぶせて暖かい場所で発酵させます。
パネトーネ写真⑤
  1. 約2倍まで膨らんだら3つに分け、丸めてパネトーネカップに入れて暖かい場所で発酵させます。
パネトーネ写真⑥
  1. カップの高さまで膨らんだら、ナイフで十字に切込みを入れて卵を塗ります。
パネトーネ写真⑦
  1. 200℃に予熱したオーブンに入れ、約20分焼きます。
パネトーネ写真⑧

ポイント

・生地Aを作ることで、ソフトで日持ちが良くなります。
・生地はしっかりこねることで、やわらかくソフトに仕上がります。

2014.12.01

【クリスマスレシピ特集】ウィーンのクリスマス定番クッキー「バニラ・キプフェル」

  • LINEで送る

特長

「キプフェル」とは三日月を意味します。オーストリアやドイツ等で食べられている伝統的なクリスマス菓子のクッキーです。サクサクと口溶けの良い食感と、アーモンドとバニラの香りが口の中に広がり、紅茶との相性は抜群です。

配合

製品写真 キプフェル

(24個分)
特宝笠(薄力小麦粉)   100g
アーモンドパウダー        40g
バター                         80g
粉糖                           30g
塩                              ひとつまみ
バニラビーンズ            1/2本
(なければバニラエッセンスを適宜使用してください)


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
・バターは室温に戻しておきます。
・特宝笠とアーモンドパウダーは一緒にしてふるっておきます。
・バニラビーンズはさやから出しておきます。

  1. バターと粉糖、バニラビーンズ(またはバニラエッセンス)、塩をすり混ぜます。【写真】
  2. 特宝笠とアーモンドパウダーを加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。
キプフェル写真①
  1. 生地を棒状に整え、ラップをして冷蔵庫で1時間以上休ませます。【写真】
  2. 休ませた生地を24個に分割します。
キプフェル写真②
  1. 分割した生地は両端を尖らせた棒状に延ばし、軽く曲げて三日月形に成型して天板に並べます。【写真】
  2. 170℃のオーブンで約15分焼成します。
  3. 粗熱が取れたら仕上げ用の粉糖をまぶします。
キプフェル写真③

ポイント

サクッともろい食感を出すために、生地はあまり捏ねすぎないようにしてください。

2014.11.25

【クリスマスレシピ特集】クリスマスリース型「シュークリーム」

  • LINEで送る

特長

サクッとした生地のプチシュークリームをクリスマスリース型に仕上げました。
クリームを詰めて、飾り付けと一緒にお楽しみいただくと、とってもクリスマスらしくなります。

配合

シュークリーム完成写真

(直径12cmのリース型4個分)
特宝笠(薄力小麦粉)     50g
牛乳                            85cc
バター                          40g
塩                                 1g
卵                              100g


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】

・特宝笠はあらかじめふるっておきます。
・卵とバターは室温に戻しておきます。
・天板にオーブン用ペーパーを敷いておきます。
・オーブンを180℃に予熱しておきます。

  1. 手鍋に牛乳、バター、塩を入れて沸騰させ、バターを完全に溶かします。
  2. 火を止め特宝笠を入れ、素早く粉に水分を吸わせて練り合わせます。
  3. 再び火にかけ(中火)、手早く混ぜながら火を通します。鍋底に薄く膜が張り、生地がひとまとまりになったら火を止めます。【右写真】
シュークリーム写真 ①
  1. 生地をボウルに移し、ほぐした卵の1/3の量を加えて混ぜ合わせます。
    残りの卵も生地の硬さを見ながら加えていきます。仕上がりの目安は、へらですくった生地がゆっくりと流れ落ち、逆三角形に残る程度です。【左写真】
シュークリーム写真②
  1. 絞り袋に生地を入れ、丸く絞り出します。(口金直径0.5mm)【右写真】
  2. 霧吹きをかけ、180℃のオーブンで20~25分、160℃に温度を下げてさらに15分焼成します。
    温度を下げる目安は表面がきつね色になった頃です。
  3. 焼き上がったら粗熱をとり、上下半分にスライスし、クリームを絞り、お好みのトッピングをして仕上げます。
シュークリーム写真③

ポイント

・シュー生地の炊き上げは、火を入れ過ぎると油が染み出し生地が分離してきます。
  火の通し過ぎや火加減に注意しながら行ってください。
・焼成中、オーブンは絶対に開けないでください。

2014.11.18

【クリスマスレシピ特集】美味しいカスタードクリーム(バニラビーンズ入り)

  • LINEで送る
クリスマス特集第1弾は、様々なお菓子にお使いいただける
美味しいカスタードクリームです。
是非マスターしてみてはいかがでしょうか。

特長

コクのある味わいと、滑らかな口当たりのカスタードクリームに仕上がります。
シュークリームやケーキのトッピングに最適です。カスタードクリームとその半量のホイップクリームを混ぜると、ふんわりと軽く仕上がり、よりクリーミーな味わいになります。

配合

牛乳                             100cc
バニラビーンズ               1/5本 (なければバニラエッセンスを適宜使用してください。)
卵黄                              30g
グラニュー糖                   14g
特宝笠(薄力小麦粉)[*]     7g
バター                              5g

[*]弊社製菓用小麦粉(宝笠ゴールド、宝笠ドゥノール、宝笠異人館)でお作りいただくと、より口当たりの良いクリームに仕上がります。


(Amazonの商品購入ページに移動します。)

作り方

【事前準備】
特宝笠をふるっておきます。

  1. 手鍋に牛乳、さやから取り出したバニラビーンズとさやを入れ沸騰させます。(バニラエッセンスをご使用の場合は後ほど加えますので、ここでは入れないでください。)
カスタード写真①
  1. ボウルにふるった特宝笠とグラニュー糖を入れ、ホイッパーで混ぜておき、卵黄を加えて混ぜ合わせます。
カスタード写真②
  1. .2に1.を加え、混ぜ合わせます。
カスタード写真③
  1. 3.をこし器などでこし、手鍋に戻し入れます。
カスタード写真④
  1. 強めの中火にかけ、焦がさないように混ぜながら炊き上げます。炊いていると粘りが出て重たくなります。そこからさらにさらっとした状態になるまで、炊いてください。
カスタード写真⑤
  1. 火を止め、バターを加えて混ぜ合わせます。(バニラエッセンスをご使用の場合は、ここで加えてください。)
カスタード写真⑥
  1. バットなどに取り、表面をラップで覆って冷却します。
カスタード写真⑦