2020.03.16

2020年3月9日(月)の生育状況

  • LINEで送る

 1回目の報告(12/24調査)から3ヶ月が経過しようとしておりますが、コープこうべ様麦ふみイベント交流圃場の2回目の定点観測を39日に実施しました。期間が長く空いてしまい、大変申し訳ございません。

結果、暖冬の影響なのか、採取した株の差なのか、元年の調査日(3/18)よりも1週間以上早い時期にもかかわらず、生育が早く進んだ元年産よりもさらに早い生育状況であることが確認できました。(下図参照)

 ただし、雨あとの調査の影響もあり、畑には水溜まりが確認されました。また、一部では湿害と思われる箇所も見受けられましたが、他の畑ではそのような状態は見受けられなかったことから、被害は限定的であるものと考えます。

これから気候も良くなり、麦の生育速度がますます早くなるものと思われます。次回(4月)の調査でどこまで生育が進んでいるのか楽しみです。

測定値

令和元年3月18日 令和2年3月9日 前年差
草丈 500㎜ 550㎜ +50㎜
幼穂 8㎜ 25㎜ +17㎜
稈長 40㎜ 150㎜ +110㎜
【幼穂・稈長】※が幼穂、根から幼穂までが稈長
左:令和元年318

右:令和239日(バインダーの大きさから長さを推測してください)

令和元年3月18日
令和2年3月9日
①前回(12月24日)の圃場風景

①前回(12/24)の圃場風景

②今回(3月9日)の圃場風景

②今回(3/9)の圃場風景
※画像手前側で水溜まり・湿害が確認されました。

③草丈

③草丈

④【参考】昨年同期の圃場風景

④【参考】昨年同時期の圃場風景

2020.01.06

2019年12月24日(火)の生育状況

  • LINEで送る

 いよいよ令和2年産小麦のシーズンが始まりました。

 令和元年産に引き続き「麦ふみイベント」を開催する畑を定点として小麦が育っていく様子や作業の様子を定期的に発信していきます。

①畑の全景

①畑の全景

②草丈は5cm程度

②草丈は5㎝程度

 圃場は昨年と同じ、品種はパン用小麦「せときらら」です。

 播種は2019年11月16日に行われており、遠くから見ても淡い緑色が確認できます。まだ見た目には「草が生えている」程度ですが、草丈はすでに5㎝程度にまで成長し「麦ふみ」の時期が近くなってきたなと感じさせられます。