2019.03.20

2019年3月18日(月)の生育状況

  • LINEで送る

 コープこうべ様主催麦踏みイベントでお世話になった小麦畑の3回目の定点観測を、3月18日に実施しました。結果、草丈は平均で50cm前後となり、前回(24.5cm)の2倍ほどに成長しておりました。また、今回も畑から平均的な株を抜き取り、前回と同様に幼穂(麦穂の赤ちゃん)がどの程度成長しているか確認したところ、幼穂は8mm(前回:2mm)、稈長(幼穂の下から根までの茎の長さ)は4cm(前回:1cm)まで成長しておりました。なお、幼穂の調査方法は前回の内容をご確認願います。

 これから気候も良くなり、麦の生育速度も上がるものと思われます。次回(4月)の調査でどこまで生育が進んでいるのか楽しみです。

①前回(2月21日)の圃場風景

①前回(2/21)の圃場風景

②今回(3月18日)の圃場風景

②今回(3/18)の圃場風景

※一本一本の茎が大きく成長することで株が太くなり、条間(株と株の隙間)が見えないほど繁茂していることが確認できます。

③幼穂(2月21日)※〇印部分

③幼穂(2/21)※○印部分

④幼穂(3月18日)※〇印部分。赤線は稈長。

④幼穂(3/18)※赤線は稈長

※前回の幼穂は形成されたばかりで肉眼では確認できないくらい小さなものでしたが、今回は肉眼でもハッキリと確認できるほどの大きさに成長しておりました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム